2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

(No.4734)  2014年読書ベスト10

2015.01.10 (Sat)



初めての試みです。
1年で110〜130作は読んでいた2年前までは、選ぶのさえ時間がなかったのです。仕事を辞めて読書量も減り、昨年は69作でした。通勤のストレスを耐えるために、読書量が増えていたのかと改めて思い知りました。
新作に限らず、あくまでも昨年読んだ作品です。

①「ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい」クリスティン・バーネット(KADOKAWA)
②「もう年はとれない」ダニエル・フリードマン(創元推理文庫)
③「容疑者」ロバート・クレイス(創元社推理文庫)
④「たとえ傾いた世界でも」トム・フランクリン&ベス・アン・フェンリイ(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
⑤「刑事たちの三日間 上・下」アレックス・グレシアン(創元推理文庫)

①「オービタル・クラウド」藤井太洋(早川書房)
②「小説家の作り方」野崎まど(アスキー・メディアワークス)
③「ユリゴコロ」沼田まほかる(双葉文庫)
④「かがやく月の宮」宇月原晴明(新潮社)
⑤「ブラッグ 無差別殺人株式会社」両角長彦(実業之日本社文庫)

それぞれの感想は「Book」読書日記を見ていただけたら、うれしいです。

(写真:スイセン=水仙 "ペーパーホワイト" :真っ白な花が揺れる姿は寒さを忘れます:公園)
関連記事
11:49  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |