2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

(No.4738)  山田和樹「マーラー・ツィクルス」

2015.01.25 (Sun)



日本フィルハーモニー交響楽団:指揮・山田和樹(オーチャードホール)を聴いてきました。
第一部は武満徹作曲「オリオンとプレアデス チェロとオーケストラのための」です。チェロ独奏は菊地知也。海外での評価の高い武満作品は、不思議な旋律の連続で思考回路がほどけてしまいました。わたしには難しい曲でした。

第二部はマーラー作曲「交響曲 第1番ニ長調『巨人』」です。3年がかりでの「山田和樹 マーラー・ツィクルス」全曲連続演奏のシリーズが始まりました。2月に第2番、3番で3回。2016年に4番、5番、6番。2017年に7番、8番、9番の9公演になります。
山田和樹を常任指揮者に迎え、日本フィルの力が年々高まってきているのを感じます。金管の艶のある音、チェロ8台、バス8台、ビオラやヴァイオリンはもちろん、弦が美しかったです。弦と管楽器がすばらしい調和を見せました。指揮者・山田和樹の音の引き出し方、構成力、団員との信頼感、どれを取っても世界レベルにまで引き上げたと思う、すばらしさでした。小さな音の出し方の繊細さと、フォルティッシモのコントロールもみごとです。
ゆとりがあったなら、全曲聴いてみたい誘惑に駆られます。他のコンサートも聴きたいし、せいぜい年1回が限度でしょうけれど。

(写真:スノードロップ:地面から顔を出してすぐ、花開くかわいいお花:ベランダ)
関連記事
16:39  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |