2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

(No.4810)  乾ルカ「奇縁七景」

2015.08.27 (Thu)


(オレガノ・ケントビューティー:最後の花が愛おしい:ベランダ)

3日間の雨の影響で27度まで下がりました。
冷房なしの2日は2ヵ月ぶりです。ほっとしたものの、今朝のさわやかさを最後にまた30度と湿度が戻りそうです。まだ秋は遠退いてしまいました。

今回の1作。
乾ルカ「奇縁七景」
親から、偏食を治すためのプログラムに参加させられた3人の中学生が、有機農家で農作業を手伝う。食事には虫が入っていた・・・「虫が好かない」
孫可愛さに溺れた女性が行きついた先は・・・「目に入れても」
世界的権威を持つ占い師の、TV番組インタビューに否定的コメントをした男の人生が転落していく・・・「報いの一矢」
ホテルのアルバイトスタッフが、正社員登用を拒否するのはなぜか・・・「夜の鶴」
血統書付きの美犬を散歩させ、ペットショップから手厚いケアを受けている隣家に、疑問が・・・「只より高いもの」
初恋の男女が結婚し幸せな人生を歩いてきた夫婦。妻はしばしば鏡を覗き込む癖があった・・・「黒い瞳の内」
葬儀に訪れる人々と最後の言葉を交わす故人の魂・・・「岡目八目」

七つの奇想溢れる短編集です。1・2・3作は少し後味が悪いホラー系です。「夜の鶴」からは心の深くに沈めていた思いを、解き明かしていくいいお話です。ラストでふわりとほぼ収斂される構成はうまいです。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
関連記事
09:57  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |