2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

(No.5919)ATPスイス・インドア大会 錦織選手準優勝

2016.10.27 (Thu)


(小菊:青空がうれしい秋:ベランダ)

錦織選手2回戦勝利です。
7:5。6:2のストレート勝利です。vsロレンツェ。老獪な強サーブがうまい選手です。錦織選手のボレーを返せないので、粘っても無理があります。一方、錦織選手のラインオーバーがしばしば出るのが気になります。ハードコートでコントロールが難しいのでしょうか。怪我でなければいいのですが。
準々決勝はvsゴファンまたはデルポトロが対戦相手になります。初戦敗退のラオニッチの例もありますので、調子を維持してほしいです。
--------
準々決勝はR12位のゴファンを負かしたデルポトロとの対戦になります。28日24:00スタートです。

2:0で勝利!準決勝進出です。1セット目は11ゲーム目でようやくブレイクで7:5。勢いに乗ってるデルボトロをコントロールし始めます。強打サーブもリターン、2セット目は1ゲーム目からブレイク狙いで3ゲーム目で、これで6:4。作戦と力を付けた勝利です。なおR3位のワウリンカは準決勝で敗退です。対戦相手は予選から勝ち上がってきたズベレフ。
--------
準決勝は29日(土)21:30スタートです。錦織vsミューラー。23:30からはズベレフvsチリッチ。

フルセットで錦織選手勝利です。強打サーブに苦労しながら1セット目4:6で落とす。2セット目ラリーの疲労を避けようとネットプレイで勝ちを決めていく。タイブレイク7:3で盛り返す。3セット目はお互いに疲れを避け、サービスで進み、両方にダブルフォールトが出る。6ゲーム目でブレイクを取る。ここでミューラーのメンタルが崩れます。
錦織選手のメンタルの強さが、今シーズンで最強でした。
--------
決勝はvsチリッチ。30日22:30スタートです。勝利を確信して!がんばれ!

結果はストレート負けで、準優勝に終わりました。1セット目は1:6。ショットとサーブのコントロールが悪く、表情に勝つ意志が見られません。2日連続試合は疲労がたまっていたのかも知れません。2セット目はなんとか持ち直したものの、ミスショットで自爆です。タイブレイクも7:5でした。せっかくのチャンスを逃してしまい残念です。
関連記事
08:08  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |