2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.5924)ATPWF 錦織選手準決勝でジョコビッチに敗退

2016.11.14 (Mon)

kiku_copi14_1.jpg
(菊:花が少ない時期に、明るい色がうれしいですね:市内)

kiku_siro15_1.jpg

ATP大会の獲得ポイント上位8名が出場する、ファイナルズが始まりました。
出場選手は第2グループに錦織圭/マレー/ワウリンカ/チリッチ。第2グループにジョコビッチ/ラオニッチ/モンフィス/ティエム。予選ゲームでは2グループ内の総当り戦で、上位2名づつがトーナメント決勝戦に進みます。
錦織選手初戦はvsワウリンカです。14日23:00スタートです。まずは予選通過を!
---------------------
1勝しました!ほぼ全員が強打サーブの出場メンバーです。ワウリンカも、低めで外ラインに速球で入れてきます。錦織選手は自身も対策サーブを練習したそうです。いままでのサーブに速度、強さが加わり、低めに入りました。新しい武器を手に入れた印象です。試合運びもスピーディーで体力の消耗も考えているようです。2セット1時間強でストレート勝ちでした。
2戦目はvsマレーです。R1位で上昇傾向のマレーにどこでブレイクを取るか、お互いフルセットは避けたいでしょう。わずかな隙が勝負の鍵になりそうです。16日23:00スタート。がんばれ!
---------------------
vsマレー戦。集中していた錦織選手は1セット目タイブレイクで11:9=7:6で先取しました。2セット目から疲れが見え始め、ブレイク応酬、デュース多発で粘ります。両選手とも肩や足の疲れが見え、サーブが決まらなくなります。4:6で落としフルセットへ。あとは体力気力勝負でした。体力が上回るマレーに惜敗です。互角のいい試合でした。ファンとしては、もしかしたら作戦で軽く負けて3戦目にいくかもという思惑は、アスリートには全くありませんでした。
3試合目は19日早朝5:00-vsチリッチです。ここで勝ち、決勝トーナメント戦へ進出です。(18日23:00戦でマレーがワウリンカに勝ち、錦織選手の進出が決まりました)
----------------------
vsチリッチ。1セット目は集中して6:2で先取。2セット目から疲れが目に見えます。なんとか耐え抜こうとがんばりますが、ブレイクバックできず4:6でフルセットへ。余力のあるチリッチに圧され気味で2:6で敗戦。
準決勝、決勝はトーナメント形式です。
準決勝=19日23:00-マレーvsラオニッチ
  20日5:00-錦織圭vsジョコビッチ
決 勝=21日23:00-
メンタルの強さは抜群ですが、体力に不安を抱えるここ数試合。充分疲労回復して、ジョコビッチ戦を通過してほしいです。
----------------------
マレーvsラオニッチ戦はフルセット、タイブレイク2セット最終で2Pリードでマレーの勝利。いい試合でした。最後のマレーの強さは、意地とプライドと技術でしょうか。
対して錦織圭vsジョコビッチ戦は、錦織選手のストレート負けで準決勝敗退です。肩も痛めているかも?そして連戦の疲れがピークだったようです。足の動きも、試合運びも組立てらないほどでした。次大会優勝を!

(優勝はマレーです。R1位で今年を終わりました。おめでとう。ジョコビッチ5連覇で記録ストップ。来年はまたグレードアップした錦織選手が追いかけます)
関連記事
07:47  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |