2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.5946)二期会BLOC"LiebesIieder"第19回定期演奏会

2017.02.22 (Wed)



mimoza_plprea17zen_1.jpg
(ミモザ・プルプレア:あまりの美しさに、枝の中に入って満喫。花粉症なのに:市内)


二期会BLOC"LiebesIieder"第19回定期演奏会「ブラームスとブルックナーの世界」(日暮里サニーホール・コンサートサロン)を聴いてきました。

ソプラノ:千葉慶子 沼田真由子 畠山和子 山口和子
メゾソプラノ:高柳佳代 森川朋子
テノール:手島英
バリトン:浜田耕一 米谷毅彦
ピアノ:対馬圭祐 真島圭

朝から雨の日で、会場に着く頃には強さを増していました。けれど行ってよかったです。聴いてその歌に圧倒されました。個性の明確なソリストたちの集団が独唱、二重唱、四重唱を歌うというのは、緊張感あふれる競演です。特に女声がみごとな響きでした。テノールが弱い、バリトンももう少しほしかったところです。また聴きたくなる格調の高い、いい演奏会でした。
ボイストレーニングを受けている高柳先生は、落ち着いて豊かな声が魅力的でした。

-----プログラム-----
ブルックナー:無伴奏モテットより
"処女達は王の前に導かれ行き"
"基督は己を低くして死に至る迄"
"エサイの杖は芽を吹き花を咲かせ"

ブラームス:二重唱を集めて
"海" Op.20-3
"愛の使者達" Op.61-4
"響き"且の弐 Op.66-2
"斬く彷徨いて" Op. 75-3

ブラームス:4手のピアノによるLiebeslieder"愛の円舞曲"(全18曲)

-----アンコール-----
ブラームスの子守歌
関連記事
09:57  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |