2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.5964)廣嶋玲子「青の王」/アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム「制裁」/宮内悠介「スペース金融道」

2017.05.28 (Sun)


(ニオイバンマツリ:上品な香りがすてきでした:市内)

好きなことだけを追いかけているはずの日々でした。
先日、朝から立てないほどにめまいに襲われました。吐き気がして食事もできません。前に経験のある「良性突発性めまい症」かと思い、耳石を動かすストレッチをして様子を見ました。1日目はスープだけ。2日目はいくらか軽くなり、日を追うごとに軽くなりました。耳鼻科に念のため行こうと思っています。
内科で処方してもらっている咳の薬が切れたので、優先しました。咳と、熱くなると動悸がすると伝えると、診察の上で汗が出にくくなっていないかと聞かれました。確かに25度を越える日に外出しても、さほど出ません。全身ぐっしょりで着替えを全部洗濯機に放り込んでいたのに。汗の出る漢方薬を処方してもらうと、少しづつ汗が戻ってきました。原因は自律神経がストレスや過労で働きが悪くなるということです。やれやれです。

今回は3作です。
廣嶋玲子「青の王」
アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム「制裁」
宮内悠介「スペース金融道」

「青の王」砂漠に咲く奇跡の都ナルマーン。王宮の上空では翼をもつ魔族が飛び交い、水が豊かで魚や竜の姿をした魔族が泳ぐ。王は神に選ばれ、魔族を操る力を持つ。孤児の少年ハルーンが出会ったのは、不思議な塔に閉じ込められた少女だった。自分の名前も知らない、青い血を持ち「贄の子」と呼ばれ魔法の足かせをかけられた少女を助け、ハルーンは塔を脱出する。だが彼らを、魔族と王宮軍が追いかけてくる。

広がりのあるファンタジィで、美しいアニメを見ているような映像的な描写が好きです。醜悪な王宮族や魔族たちも、助けてくれた空を駆ける船を操るアバンザの毅然とした姿も、ストーリー展開もいいです。楽しめます。この作者には是非、大人の物語も書いてほしいです。

「制裁」幼女殺害犯が護送中に脱走した。市警のグレーンス警部は懸命にその行方を追う。一方テレビの報道を見た作家フレドリックは凄まじい衝撃を受けていた。見覚えがある。この犯人は今日、愛娘の通う保育園の近くにいた。彼は我が子のもとへと急ぐが間に合わなかった。警察の力を信じられず、さらに反抗を重ねると考えたフレドリックは復讐を誓う。法が裁くか、私人が捌くか。法廷も揺れる。

展開の早い悲惨な事件ですが、説得力があり事件や裁判のあとまで丁寧な書き方に、共感しました。父親の思いもわかる。市民のひとつの方向に向かう怖さもある。法側の苦悩もある。囚人たちの状況や思考も伝わる。なにより父親がどうなっていくのか。読後も考えさせられる作品でした。

「スペース金融道」人類が最初に移住に成功した太陽系外の星、二番街。ぼくは新生金融の二番街支社の債権回収担当者で、大手があまり相手にしないアンドロイドが主な客だ。直属の上司ユーセフは、普段はいい加減で最悪なのに、たまに大得点をあげて挽回する。貧乏クジを引かされるのは、いつだってぼくだ。「だめです。そんなことをしたら惑星そのものが破綻します」「それがどうした?おれたちの仕事は取り立てだ。それ以外のことなどどうでもいい」取り立て屋コンビが宇宙の果て、地獄の炎の中にまで追いかけていく。

アンドロイドの持つ暗黒網ネットワークと、人間のシステム。宇宙エレベーターに立てこもるアンドロイドの兎たちの立て籠りなど、SFならでは楽しめる仕組みです。利息が腕1本とか、にやりとさせられもします。浅く読むとそこまでで、深く読むと人間とは何かと哲学的にまで考えさせられます。情報システムはあらゆるものに必要なのだと、変なところで思い知りました。おもしろいです。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
関連記事
15:18  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |