2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

(No.5976)ジョー・ネスボ「スノーマン」/本城雅人「シューメーカーの足音」

2017.07.15 (Sat)


(ニワフジ:低木で淡いピンクのツートンがかわいい:市内)

もう梅雨は明けたのでしょうか。すっかり猛暑日が続いて、真夏になったようです。

今回は2作です。レビュー残し2作あります。
ジョー・ネスボ「スノーマン 上・下」
本城雅人「シューメーカーの足音」

「スノーマン 上・下」オスロにその年の初雪が降った日、夫や子どものいる女性が姿を消した。彼女のスカーフを首に巻いた雪だるまが残されていた。捜査に着手したハリー警部は、この10年間で、女性が失踪したまま未解決の事案が、明らかに多すぎることに気づく。そして、ハリーに届いた謎めいた手紙には『雪だるま』という署名があった。容疑者をつかまえると、新たな別の容疑者の痕跡が見つかり、捜査は翻弄される。ハリーの警部としての信念と勘が、同僚たちも動かしていく。

猟奇殺人の陰惨さが気にならず、引きつけられて読めました。全体を覆うかすかなユーモアで味つけられています。食事も睡眠も不足なハリーの過酷な任務への執念と、アルコール依存を押し殺しながら分析力と勘を頼りに突き進んでいきます。少しの恋愛感情で人間味も出しています。二転三転する展開がみごとに最後に収斂していきます。

「シューメーカーの足音」斎藤良一は、紳士靴の名店が軒を連ねるロンドンのジャーミン・ストリートで注文靴のサロン兼工房を経営する靴職人。彼が作る靴は、英国靴の伝統を守りながらも斬新なデザインに仕上げることで人気を博していた。さらなる成功を目指し、計略を巡らせる斎藤。狙うは、「英国王室御用達」の称号。だが、そんな斎藤の野望を阻む若者がいた。日本で靴の修理屋を営む榎本智哉。

立ち読みで出だしに惹かれて手にしました。靴作り、靴職人の物語としては充分楽しめました。設定もおもしろかったです。ただ斎藤の心理には共感できるのですが、榎本の方は表面的で深みがなく小手先の作戦にしか見えません。成功したかに見えますが、むしろ落ちぶれた斎藤のラストが活きています。惜しい作家です。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
関連記事
18:58  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |