2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.5963)FOI幕張、神戸、新潟 アイスショーに羽生結弦選手IN

2017.05.27 (Sat)


(カスミソウ:100均ショップで購入した種から咲くのはうれしい:ベランダ)

peragonium17sidoides2_1.jpg
(ペラゴニウム・シドイデス:細い紅色リボンがかわいい:ベランダ)

tuyuksa17sikin_1.jpg
(シキンツユクサ:毛深いのが悩み?生命力強い:ベランダ)

ファンタジィ・オン・アイス ショーに、ゆづくん出演です。
幕張5/26-28・神戸6/9-11・新潟6/16-18です。出演発表が5月に入ってからで、幕張と神戸はすでに完売でした。新潟公演は後ろの席が残っていたのですが、その日のうちに完売してしまいました。
日本での試合のチケット入手は困難で、3年前の世界選手権の男子とEXを見て以来チケ取りは敗戦続きでした。Twitterで幕張チケット譲ってほしい旨載せましたが、タイミングが難しく見つかりません。直前ではなかなか気持ちが落ち着きません。
そんな時に新潟公演のチケットが手に入り、JRや宿の手配をしました。試合を見たいけど、アイスショーでもゆづくんは全力です。チャンスがあったら、それが一期一会の出会いです。来シーズンはもっと取れにくくなるでしょう。
海外はチケットは取れますが費用が嵩みます。平昌五輪の旅行会社ツアーは男子SPとFSで4日間で75万。一人部屋は+35万。席も後ろの方です。
幕張のわずかな映像と写真情報が入ってきています。想像の上を行くゆづくんの笑顔と演技がうれしいです。去年は足の故障で休んでいた時期なだけに、楽しんでいる気持ちが伝わってきます。来シーズンのSPプログラムがショパンの「バラード第一番」になるそうです。世界最高記録を出したプロの構成を更にレベルアップの予定です。
幕張と神戸はBS朝日で放送があります。編集カットされた映像ですが。
新潟のみメドベージェワ選手の出演も楽しみです。初のアイスショーを楽しみにしています。
22:55  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5962)錦織選手 急遽出場のジュネーブオープン戦 準決勝敗退

2017.05.26 (Fri)


(斑入りイボタノキ:真っ白な小さな花弁とピンクのシベ先がかわいい:市内)

baramini17pi_1.jpg
(ミニバラ:薔薇の満開のニュースが賑わっています。ひっそりと気品のあるお家:市内)

owbacoso17hera_1.jpg
(ヘラオオバコソウ:閉じたさびれたシャッターの前で、素朴な花を咲かせます:市内)

全仏オープン前に、試合の勘を取り戻したいと急遽出場のジュネーブオープン戦です。準決勝進出で今夜26日夜21:00スタートです。vsミーシャ・ズベレフ選手です。錦織選手が3回戦敗退した、BNLイタリア国際で優勝したズベレフ選手の兄の方です。TV放映がなく、準々決勝はライストで見てましたが、止まり過ぎていらいらしました。フルセットでかろうじて勝ちました。
接続がいいことを、そして決勝進出を!決勝はvsラオニッチ戦になるでしょう。しばらく優勝から遠ざかっていたので、がんばってほしいです。負傷をおして出るプロの厳しさをいつも感じます。
-----------------
体調や気力が上がってきたとは言うものの、やはりまだ負傷の影響かコントロールがもうひとつ決まりません。ここぞというときにオーバーしてしまいます。
4:6。6:3。3:6。でした。サーブゲームの戦い方が守りに入っていしまい、ブレイクを取られるのが気になります。さくっとキープできないと勝てません。イタリア国際とほぼ同じ状態です。全仏オープンまでに変われるか、心配しながら応援します。
17:39  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5959)錦織選手 3回戦敗退 BNLイタリア国際

2017.05.18 (Thu)


(テイカカズラ:みごとな垣根の連なり。ガラケー撮影:市内)

conblbos17sibl_1.jpg
(コンブルボス"スノーエンジェル"&"ブルーカーペット":ベランダ)

cobarantana17pisi_1.jpg
(コバノランタナ:強い剪定をしても咲き出す、かわいらしくてたくましい花:ベランダ)

前大会途中棄権だった錦織選手は、休むまもなくBNLイタリア国際に出場です。
負傷のためランク8位まで下がっています。プロは厳しいですね。初戦(2回戦)はvsフェレール。ストレート勝ちです。痛みはないと強気な発言をしていますが、ファンとしては心配です。

3回戦は18日24:00スタートです。vsデルボトロ。なかなかの強敵です。勝つと準々決勝で再びvsジョコビッチになります。やっかいなブロックですね。好調の時なら倒せるかも知れない相手ですが、どうなるでしょう。他ブロックでR1位のマレーが初戦敗退しています。
がんばれ!
-----------------
1セット目はタイブレイク負け。6:7。2セット目は3:6で3回戦敗退です。打球やコントロールは戻ってきているものの、サーブが入りません。苦手意識のあるデルボトロ相手に、攻勢に出ることができず押されてしまいました。自分の試合の組立てができないのは、まだ勝利への道が見えません。
5/28からの全仏OPで、錦織選手らしいところまで立ち直ることを願っています。
09:43  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5958)錦織選手 8強入り 準々決勝vsジョコビッチ戦で棄権

2017.05.12 (Fri)


(ゼラニウム"ホワイトtoローズ":ほぼホワイトの花が次第に②枚目のローズに染まっていきます:ベランダ)

zeraniwm_si_to_roz17ro_1.jpg

delfiniwm17_1.jpg
(デルフィニウム:鮮やかなブルーに惹かれてお迎え:ベランダ)

テニスのマドリードOPは手首負傷からの復帰戦でした。初戦vsシュワルツマン。1セット目を落とすほど、ボールに力がなくコントロールできずサーブも入らず、どうなることかとはらはらしました。手首が痛むらしい表情が、見ていて辛いです。2セット目から試合勘を取り戻して、なんとかフルセットで勝利です。

3回戦vsフェレール戦は、ストレート勝利です。ただとても上位選手と戦える状態には見えませんでした。

準々決勝に進み、8強入りしました。準々決勝vsジョコビッチ戦は棄権です。残念ですが、懸命な判断でしょう。しっかり怪我を治して復帰してほしいけれど、長期治療が難しいプロの世界は厳しいです。引きずったまま試合を重ねていくのか、錦織選手本人の決断に委ねるしかありません。ただ、フェデラーはしっかり治してトップまで復帰しています。
どちらを選択しても、ファンは応援していますから。
21:16  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5956)フィギュアスケート国別選手権 チーム日本優勝おめでとう!

2017.04.22 (Sat)


(桜"鬱金=ウコン":最後の美しさ。艶な・・・:市内)

sakra_yae17up_1.jpg
(八重桜:こぼれ落ちそうな花びらが、待っていてくれました:市内)

世界選手権のあの熾烈な戦いのあとの、もうひとつの最後の演技でした。
ピーク成功のあとの羽生結弦選手は、きつそうでした。地元でのモニュメント除幕式やおそらく見えないお仕事もこなしていたはずです。
ゆづくんはSPのジャンプの抜けで7位。昨日21日のフリーでも2回の抜けがありましたが、リカバリーがすごかったです。コンボの4サルコー+2トーループは成功。3アクセル+1ループ+3サルコーを、4トウループ+1+3に変えるすごさ。そのあと拗ねた(!!)3アクセルが抜けました。フリーで200点越えで終えました。
後半に4回転を3度成功させたのと、4トウループ+1ループ+3サルコーは、世界初の快挙です。
練習で4ルッツやフリップも繰り返していました。来シーズン入れるかどうかは微妙ですが、手応えはしっかりつかんだようです。

しょうまくんは、新たな挑戦で後半2つ目の4フリップは転倒したものの2位につけました。
靴が馴染んでいないネイサンは4ルッツをフリップに変え、それでも抜けや着氷ミスがありました。まだ17歳。これからの強敵になるのはまちがいありません。ボーヤンも反則とも言えるジャッジ前笑顔でアピール。ジャンプミスが出ました。さすがのパトリックは苦手のアクセル以外で決めました。

女子のフリーで舞依ちゃん、若葉ちゃんが140点を超える自己ベスト更新のいい演技をしました。女王メドベちゃんは160点超えの世界記録更新で、女子も宇宙戦争突入の様相を呈してきました。
皆さん、お疲れさまでした。本当に大変だったと思います。笑顔で終われてよかったです。明日23日のEXが楽しみです。
08:16  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5953)羽生結弦選手優勝、宇野昌磨、ボーヤンジン おめでとう!

2017.04.02 (Sun)


(桜"染井吉野":一番きれいに早く咲く、近くのお庭。6分咲きで曇り空でも充分美しい:市内)

17wfs_yuzu.jpg
(借用写真)

ショート5位からのパーフェクト演技で、ゆづくんが優勝しました。
TVの前で思わず歓声を上げガッツポーズをしてしまいました。それにしても、なんという選手でしょう。怪我からの復帰シーズンで調子を上げていく大変さ、難しいプログラムを完成させピークを世界選手権に持ってくる大変さ。ずっと見てきた中で、最高の笑顔の表彰台でした。

①羽生結弦321.59(フリー世界最高得点更新)②宇野昌磨319.31③ボーヤン303.58④ハビエル301.19⑤パトリック295.16⑥ネイサン290.72⑦ジェイソン269.57(4回転なし)

プレカンのインタビューで、ボーヤンの4ルッツが切り開いてきたこと、3回転ジャンプのみで最高の演技を見せるジェイソンにも触れました。そして追いかけられているというより、すべての選手の背中を追いかけているときっぱりと言えるゆづくんに拍手です。
リンクサイドでハビエルとハグするゆづくん。毎年違う思いで交わす言葉を聞いてみたいです。コーチのオーサー、初めて顔出しをしたトレーシーとのハグも、それぞれに思いがあふれていました。
おめでとう!おめでとう!
08:14  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT